日本銃砲史学会 第421回 6月例会 案内

 令和4年度日本銃砲史学会総会及び第421回例会を以下の日程及び会場にて開催いたします。2年振りの開催ですが、会員各位につきましてはコロナ対策等体調管理の上、参加方よろしくお願い申し上げます。

                  記
日 時 令和4年6月11日(土)
会 場 早稲田大学各務記念材料技術研究所・講義室(新宿区西早稲田2丁目8番地26号)
内 容 令和4年度総会及び第421回例会発表
総会(午前10時45分開催)
令和4年度事業・予算報告及び令和3年度事業報告決算について
第421回日本銃砲史学会例会(午後1時~4時半)
(発表題)
設楽 栄一「弾道に影響する火縄銃の構造的な欠陥」
小西 雅徳「オランダ王国大使館所蔵の鉄砲とその付属品について」
田中眞奈子「放射光Ⅹ線を用いた火縄銃の非破壊分析」
峯田 元治「群馬県東禅寺所蔵リエージュ製エンフイールド銃について」

令和2年(2020年)3月以来、通常の銃砲史学会例会を開催していません。現下の状況において、第419回例会(2021年12月)は日本銃砲史学会ホームページ上において動画発表といたしました。また、第418回例会(2021年9月)、第420回例会(2022年3月)は誌上発表として日本銃砲史学会ホームページにて発表いたしました。会員各位のご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

質問等は「お問い合わせ・入会申し込み」ページのフォームに書き込んでください。