書籍紹介「鉄炮伝来――兵器が語る近世の誕生」

日本に鉄炮を伝えたのは、ポルトガル人ではなかった!
新兵器はいかに普及し、戦場を一変させたのか?
大名の贈答品から合戦の主役へ。戦国史の常識を覆す。

 新たな兵器は、いかに伝わり、普及したのか。「種子島に漂着したポルトガル人が伝えた」という常識を覆し、武器から戦国史を見直す。

タイトル:鉄炮伝来――兵器が語る近世の誕生
講談社学術文庫
著者:宇田川武久
発行所:株式会社講談社
第1刷発行::2013年5月10日
定価:定価:836円(本体760円)
A6判(文庫判)208頁
ISBN978-4-06-292173-2
初出:原本は、1990年に中央公論社より刊行されたもの。

 1943年、種子島に漂着したポルトガル人が鉄炮をもたらした-。この通説を文献と実物資料から検証し、歴史の流れを加速した新兵器の伝来と普及の真実を解明。戦国大名の贈答品として重宝された鉄炮は、いかに主要武器の地位を得たか。さらに朝鮮出兵によるアジアへの伝播、砲術武芸の成立まで、なおざりにされてきた「武器の歴史」に光をあてる。

 宇田川武久理事長のごあいさつ