江戸幕府 鉄砲組百人隊

 昭和36年、皆中稲荷神社石川正義宮司が中心となり、「百人町と鉄砲百人組」の歴史を後世に伝え残そうと氏子五町会に働きかけ、作家で時代考証家として著名な名和弓雄の熱心なご指導により、秋の皆中稲荷神社大祭に幕末以来約100年ぶりに、古式豊かな「鉄砲組百人隊出陣式の儀」が見事復活いたしました。そして、その間に「保存会」が設立されました。

(鉄砲隊保存会ホームページより)